わりとよくある演劇部の話⑥

2017年11月30日 / 未分類

63分から58分台へ。苦闘は続く。こうなってくるとほとんど芝居は観ていない。観ているふりをしているが、タイマーしか気にしていない。ビデオ撮影するのも、あとで各シーンごとのタイムを記録するためだ。

 

テンポのよい演技、転換に心の中で拍手。逆だと「おい、おい、おい」と心の中で突っ込む。30秒くらい縮まる案を考えついた時は心の中でガッツポーズをする。

 

時間制限も高校演劇にとっては悪くない。そうして劇はスリム化し、ストレートになる・・・と言えるのは、58分台になった時。それまでは60分という時間制限に対して恨みつらみを繰り返す。なぜ65分ではないのか!

 

県大会前の最後の週末は、午前中に通して午後は作業となった。土曜日に59分30秒。まだまだ!さらに削って、さらに転換を早くして、日曜日は57分30秒を達成した。

 

顧問は思った。「あのセリフ復活させようかな。」 懲りない人である。

 

カット付箋でいっぱいになる台本。

 

通しごとのタイム比較表を見るのが実は密かな楽しみ。

 

※写真はイメージです。

コメントは受け付けていません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アクセスカウンター

  • 255600総訪問者数:
  • 35本日の訪問者数:
  • 2015年1月11日スタート:

TOPへ戻る