前全国高演協事務局長・吉田美彦氏講演会

2017年5月29日 / 未分類

前に大阪での講演会を案内しましたが、いよいよ東京でも開催です。
 
 今回は日本学校演劇教育会研究会の主催です。語るはもちろん
 

「高校演劇」

  
☆講演 吉田 美彦 先生(高校演劇指導者 劇作家 本会関西支部事務局長)
 
平成29年6月3日(土)14:0016:30
 
会場 日本工学院専門学校3号館1階多目的ルーム(予定)
 
JR京浜東北線蒲田駅西口下車徒歩3分
 
参加費: 200円(資料代)。高校生無料。事前予約は不要です。
 
※ 終了後懇親会を付近で行います。みなさま、ぜひご予定ください。
 
こんな感じ。もちろん私(阿部)も出席予定です。

はがきのニュースが気になる

2017年5月21日 / 未分類

なぜ気になるか。それはそうだ、6月1日からいよいよ宮城全国大会の整理券申込み受付が始まるからだ。毎年この時期はそわそわする。みんな、往復はがきを買ってくれただろうか。往診と返信の面を間違わずに書いてくれたであろうか。締切あるいは受付終了前に出してくれたであろうか。

 

普通の人にとっては年に1回使うか使わないかとなった往復はがき。だが、我ら高校演劇人は違う。年に1回は必ず使う。ネット予約が当たり前となった演劇公演の中で、堂々アナログ手法を貫く高校演劇。これは“古い”ということではない。毎年変わる開催県、生徒の皆さん、先生方を中心とした受付態勢、入替制のない高校演劇大会(全国大会は午前と午後の入替がある)にとっては最も合理的な入場システムなのだ。

 

さて、そんな往復はがき。今年は大きな変更がある。何とはがきの郵便料金が値上げとなる。なんとその額10円、つまり52円から62円だ。ナント6月1日からだ。だから往復はがきは、6月1日から104円から124円、NANTO20円もの値上げとなる。

 

何となんとナントNANTOの往復はがき郵便料金の値上げ。さらに“何と!”のニュースが飛び込んできた。

 

「日本郵便は、6月1日から使える124円の往復はがきに、印刷ミスがあったと発表した。新しいはがきは、15日から販売されているが、上の部分に本来は「郵便往復はがき」と表示すべきところを、「郵便はがき」と誤って印刷したという。印刷会社によるミスと、日本郵便の最終チェックが甘かったことが原因で、すでに1,400万枚印刷されている。印刷ミスのあるはがきも使用できるため、郵便局に残っている在庫は、そのまま販売し、正しいはがきは、6月上旬ごろから順次販売する予定。」(フジテレビニュース)

 

つまり

こうであったのが

 

こうなった、と。

 

う~ん、まあ実質上問題はないのだろうけど。これもとっておくといつか価値が出てくるのであろうか。

 

しかし1400万枚だからなあ。使い切るのにどれくらいかかるのだろう。高校演劇人が使うのはそのうちの0.01%・・・。

 

でも往復はがきがちょっと話題になったことは確か。さあ、皆さんこれを機会に明日往復はがきを買いに行こう。

宮城全国大会まで3か月です。

2017年5月8日 / 未分類

GWも終わりましたね。4月からの疲れ、しっかり癒されましたでしょうか。

 

このブログもすっかり休載状態になっていました。と言うのも、やはり4月というのがね、忙しかった・・・。そんなわけで気がつけばゴールデンウイーク突入、あまり休む間もなくゴールデンウイーク終了です。

 

気がつけば、宮城全国大会まであと3か月ではないですか。正確には3か月切ってます。さあ、体を、思考を全国モードにしていきましょう。宮城大会チラシもアップされていますよ!

 

 

桜から新緑へ。いい季節です。

 

校外学習で行った上野の西郷さん銅像。いい像です。

 

宮城全国大会上演順決定!

2017年4月9日 / 未分類

上演校打合せ会、第1日目終了しました。「無事に終了」と書きたかったのですが、いやあ、大変な1日目でした。詳報はまた後で。

 

とりあえず、お待ちかねの上演順決定です。

 

 

1~5までが、8月1日(火)、6~10が2日(水)、11・12が3日(木)です。

春、はる、ハル、HARU、貼る?上演校打合せ会が近付いてきました。

2017年4月6日 / 未分類

 

 

 

 

2017宮城総文演劇部門出場校打合せ会、いよいよ今週末です。上演順が決まります。

岐阜大垣生徒福実行委員長より~「福」は「副」だけどこのままで~

2017年4月3日 / 未分類

皆様こんにちは!
 
楽しかった春フェスはもう終わってしまいましたが、3月26日は実行委員会による全体反省会がありました。
 
各パートで「もっとこうすればよく出来た」や、「今回こういうところが良かったからこれからも生かしていこう」ということを確認しました。
 
 
 
今回の春フェスは、普段観ることの出来ない全国レベルの高校演劇を、こんな間近で観ることが出来て、とても勉強になりました。各高校さんの特色がとても表れていて、1演劇部員として「自分たちの劇ももっとこうしたら良くなるのかな」と、考えさせられました。
 
こういった機会を与えてくださった多くの方々に本当に感謝しています。
 
そして、今大会を通して沢山のお客様にお越しいただき、高校演劇を知っていただけて、本当に嬉しいです。
 
今大会は、運営の中で想定外のことや、不安に思うこともあったのですが、無事に終えることが出来、大きな自信となりました。
ご来場いただいた方々や、上演校さんから、「すごく良かった」、「助かりました」というお言葉をいただき、本当に嬉しい限りです。
 
この生徒実行委員会は岐阜の伝統であり、誇りです。この伝統が終わることなく、これからも繋いでいくことができるように、今大会を生かして更なる成長を目指していきます!!
 
 
岐山2年   梶慣太

2016年度最終日~春フェスアンケートに答えよう、今すぐ~

2017年3月31日 / 未分類

3月31日ですね。昨日在籍地区の春のフェスティバル公演が終わりました。うん、なかなかよかった。かつ4月の新歓公演でも使えるので、余裕ができた・・・というのは演劇部の話。自分の机の上はぐちゃぐちゃ。自分の机どころか隣の机、またその隣の机まではみ出している。あと数時間で何とかしなくてはならない。もう新年度の仕事に取りかからねばならない。まだ今年度の分も終わってないのに・・・と、途方に暮れている先生方も全国に多いだろう。え、今日はプレミアムフライデー?やめてよ~。

 

というわけで、前回に引き続き、アンケートに答えましょう。トップページにもアップされました。

 

あと、岐阜大垣春フェスで撮った写真、ざざっと無秩序に羅列します。

 

 

1日目の上演後の生徒交流会。大いに盛り上がる。写真は新潟工業。上演直後でも元気だ。

 

 

照明合わせのため緞帳上げ。もうすでに演劇が始まっているようで楽しくなる。

 

右、地元池田高校のアタリ合わせ。芝居もオオトリを飾るにふさわしい元気でノリのよいものでした。

 

3日目の午前中には、広島全国大会最優秀校(岐阜県立岐阜農林高校)に送られた東京演劇大学連盟賞副賞の、演劇ワークショップが行われた。

 

岐阜生徒実行委員会。朝のリーダーミーティング。

 

その後の全体ミーティング。披露宴会場の金屏風の前で。

 

 

3日間ともロビーはにぎわった。

 

全公演、閉会式終了。充実笑顔の名古屋南チーム。

 

       

そして祭りは必ずいつか終わる。寂しくなる。

 

でも次なる祭りへ向かってもう進んでいる。

 

  

ありがとう、第11回春季全国高等学校演劇研究大会、春フェス2017。ありがとう、岐阜大垣。

 

来年は神奈川県横浜市ですよ。

春フェスアンケートに答えよう、今すぐ。

2017年3月28日 / 未分類

春フェスが終わってもう1週間。時は過ぎ去るのが速くてこわい・・・もうすぐ4月だ。その前に明日は地区春フェスのリハーサル、明日は本番。やはり上演するって忙しい。
 
岐阜大垣春フェス実行委員会よりアンケートのお願いが来ました。あの春フェスをやった実行委員会だもの。すぐに回答してください。私もやりました。すぐできましたよ。
 
【実行委員会より】
春フェス2017にご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
手作り感満載のフェスティバルでしたが、お楽しみいただけましたか?
さて、この度、皆様にお願いしたいことがあります。
実はこのフェスティバル、ホール使用料について、県や市から助成を受けなければ開催できません。
そこで、「この大会を開催することが市にとって、開催県にとって、どのような価値を提供できるのか」について真剣に考えていくことが、
この大会の未来を作っていくと信じて、ご来場の皆さまにアンケートへのご協力をお願いしたいと思います。
****************************************************************************************************
 
アンケートは、以下のURLで実施しています。
 
 
さあ、では早速お願いします。

春フェス終了~大会生徒実行委員長より~

2017年3月22日 / 未分類

今日で春フェス2017岐阜(大垣)大会の全日程が終わりました。
会場にお越しくださった皆様、本当にありがとうござ いました!!

本当にあっという間の3日間でした。
どの上演もとっても素晴らしく夢のような時間でした。
もう夢なのではないかとまで思います。
今日の上演、光ケ丘高校さん、松山東高校さん、池田高校さん、
すべてとっても面白かったです!
上演が終わったあとの拍手の音、感動を分かち合う声がそれを物語っていたと思います!
会場の全員が同じところで笑い、泣き、何かを感じる、本当に演劇の醍醐味を感じました!
とっても贅沢な気持ちです!!

そしてすべての上演校の皆さん!
毎日とっても気持ちのいい対応をしてくださり、本当にありがとうございました!
おかげさまで私達も気持ちよく運営をすることが出来ました!
まだまだ至らぬ点がたくさんありご迷惑をおかけしましたが、
急な変更やお願いにも笑顔で答えてくださるみなさんの姿は、
まさに各ブロック代表の姿でした!
本当にありがとうございました!

また、上演に向かう姿はもちろん、上演以外の場でも皆さんが見せてくれる姿、
例えば、上演後すぐに次の上演に向けて客席に向かう姿、他校と積極的に交流する姿、
交流会でのエチュードに積極的に参加してくださる姿、リハーサルに真剣に取り組む姿などなどに、
ただただ感心させられ、刺激を受け、とってもいっぱい勉強させて頂きました。
本当にありがたく思います。

そして生徒実行委員会では、みなさんのあたたかい協力のおかげで、
事故なく、怪我なく、無事に大会を終えることが出来ました!!
どのパートも前日の反省を生かし、どんどんより良い運営が出来るように改善していきました!
全日程を笑顔で終えることが出来たことを本当に嬉しく思います!

岐阜(大垣)まで上演に来てくださった上演校のみなさん、私たち生徒に運営を任せてくださったみなさま、
会館を使用させてくださった会館スタッフさま、そして一緒に大会を盛り上げてくださった観客のみなさま、
本当にありがとうございました!!
 
春フェス2017岐阜(大垣)大会
生徒実行委員長 河野 琴美(岐阜総合学園高校3年)
 
ありがとう!河野さん。やはり岐阜県生徒実行委員会は最強の実行委員会でした。
 
 
  
祭りはいつか
 
  
終わる。
 
そして次の祭りに向かって・・・

春が来ました!~春フェス開幕中~大会報告1日目・2日目

2017年3月20日 / 未分類

【1日目】

 

皆様こんにちは!

3月18日、ついに上演が始まりました!

 

さすがに全国大会。

各上演校さんのレベルがとても高いですね!

私も見習いたいことばかりです!

とくに、上演を済ませたばかりの人たちが、

すぐにその次の舞台を客席で見ている姿におどろきました。

 

そんな上演校さんの一度きりの舞台を支えるために、

私達、実行委員会も高いレベルを目指して頑張っていますよ!

 

本番一日目ということでいろいろ想定外のことが起きたり、

予定の変更があったりして、バタバタしてしまいましたが、

自分たちで柔軟に対応し、無事一日目を終えることが出来ました。

 

おかげさまで県外のお客様にお褒めの言葉をいただき、たいへん嬉しく思っております!

明日は今日の反省を生かして、

より良い大会運営を目指して頑張ります。

 

ひとりでも多くの皆様のご来場を、心よりお待ちしています。

 

生徒副実行委員長 岐山高校2年  梶慣太

 

 

 

【2日目】

 

大会2日目が終わりました!

多くの実行委員が筋肉痛に襲われながらも頑張っていました!(笑)

ですが、我々より以上に上演校さんの、やる気・熱気が凄かったです。

 

1校目は城北高校さん。

たった二人で演じられた劇と詞を混ぜ合わせたロマンチックな劇!

まるで少女漫画の世界にいるようでした!

2校目は新篠津高校さん。

自身の体験をもとに語られる現実には心打たれるものがありました。

現代の差別に対する問題を改めて考えさせられる劇でした。

3校目は青森中央高校さん。

効果音や舞台装置を使わず、自分たちの声や歌や演技だけで世界を作り上げる!

そんな集団の演技力で観客を感動させていたのがとても 印象的でした。

4校目は名古屋南高校さん。

最近話題になっているSNS問題を題材に《ひとこと》の重さを考えさせられる劇でした。

カッコイイダンスや照明・音響も、とってもステキでした。

 

春フェス2017もいよいよ明日が最終日です。

全国から終結した高校生たちの演劇を観賞できるのも明日が最後です。

どうぞ皆様、最後までお付き合いください!

 

生徒副実行委員長 大垣商業高校1年  三船菜々帆 

 

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アクセスカウンター

  • 196380総訪問者数:
  • 46本日の訪問者数:
  • 2015年1月11日スタート:

TOPへ戻る