小名浜高校「三人家族」

2017年8月10日 / 未分類

と言うわけで、先に紹介した「高校演劇OB、先輩方の舞台東京公演」に行ってきました。

 

福島県立小名浜高等学校演劇部による「三人家族」(石原哲也・作)。東京都調布市のせんがわ劇場にて。8月9日。

 

名作「三人家族」の改訂版だ。

 

    

劇場前、小名浜高校の旗がはためく。

 

この公演、小名浜高校後援会が主催、福島県教育委員会他が後援。前週の8月2日には、昨年震災があった熊本県に行って公演をしてきた。

 

「小名高シアター震災復興支援プロジェクト」とある。たくさんの資料とともに、終演後には、現在の福島県の状況を、スライドを使って部員たちが伝えてくれた。それもまた振り返って劇をよりよく理解させてくれる。

 

この劇場サイズ(客席120ほど)で観る高校演劇はやっぱりいい。

 

ロビーには、震災当時の写真が並ぶ。

 

福島県観光ガイドの表紙。福島県は強く呼びかける。とにかく「来て」と。

高校演劇のOBや先輩たちの公演①

2017年8月7日 / 未分類

この夏、高校演劇のOBや先輩たちの公演が東京で相次ぐ。その一つ、今年小名浜高校を退職された猪狩恭博先生が、小名浜高校演劇部をコーチとして、東京・調布市のせんがわ劇場に導く。日程は8月9日(水)2回公演。

 

以下詳細です。

 

http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/18478.html

優秀校東京公演(国立劇場)上演順

2017年8月5日 / 未分類

演劇部門は以下の予定です。

 

26日(土)

埼玉県立秩父農工科学高等学校 「流星ピリオド」

沖縄県立向陽高等学校  「HANABI」

 

27日(日)

東京都代表

茨城県立日立第一高等学校 「白紙提出」 

兵庫県立東播磨高等学校 「アルプススタンドのはしの方」

詳しい日程・時間はまた後で。取り急ぎ。

お祭りの片付けこそ、元気にやるのだ。

2017年8月4日 / 未分類

お祭りが終わったからと言って、しょんぼりするのではない。元気に気勢を上げて片付けをするのだ。それが次のお祭りへの気持ちを生む・・・そう思って、大会会場イズミティ21に行ったら、はい、その通り、元気に明るくやっていました、片づけを。さすが、宮城県実行委員会。

 

  

元気に、そして終始にこやかに。お互いの労をねぎらって。

 

 

皆さんに、手を振ってもらって、会館を後にする。4月上演校打合せ会の時もそうだったが、とてもすがすがしく気持ちがいい。

 

さあ、やるぞ!(何を?)

明日へつなぐ、宮城全国大会最終日

2017年8月3日 / 未分類

最終日。3日間って短い。でもこの密度でそれ以上やったら体がもたないか。お祭りは必ず終わる。でも次のお祭りは必ずやってくる。そう自分に言い聞かせて、毎年最終日を迎える。

 

 

なんて感慨にひたる間もなく、あわただしく1日が過ぎ、閉会式が終わり、お見送り。

 

   

その一方で、優秀校東京公演打合せ。喜びも束の間、緊張が走る。

まだまだ続くよ、宮城全国大会2日目

2017年8月2日 / 未分類

  

制作、速報、印刷チームにはお世話になりました。まるで秘書たちのよう。外の緑が美しい。ほっと一息つく。

 

    

その間にも、たくさんの方に来ていただく。連日ありがとうございます。

 

 

館内ロビー。

 

  

2階、写真パネル展示コーナー。熱心に見ていただけると持ってきた甲斐がある。照明会社のスポットが当たり、いい感じ。

 

 

幕間、ぎっしり観客が取り囲む、生徒講評委員活動。今や夏の大会の大きな目玉だ。

 

 

第2回舞台技術創造講習会リハーサル。今年もすごいことになりそうだ。

 

     

閉会式リハーサル。すでに寂しさモードが漂う。(自分だけ?)

 

 

でもまだ明日もあるぞ、全国大会。

いよいよ来た、宮城全国大会

2017年8月1日 / 未分類

朝8時、全体打合せ。気合いが入る。

 

   

館内にはまだ入れない。でも外は長蛇の列。

 

  

おなじみの看板2種。

 

  

一番乗りは、6時半。新潟から。

 

 

入場前、カウントダウン態勢。

 

 

入場開始。

 

  

続々と入って

 

満席へ。

 

開会式。審査員も気合が入る。

 

舞台裏では建て込み。

 

いよいよ「夢」の幕が上がる。

準備準備の大会前日。

2017年7月31日 / 未分類

「大会は、準備から始まっている。」と言うことは、この宮城大会、約3年前から始まっていることになる。そして3年間の準備期間の最終日、つまり大会前日。準備準備の1日。気持ちが盛り上がる。

 

見守ってくれている。

 

実行委員全員の大きな写真が会場に貼られている。いいね、これ。

 

おなじみの舞台写真パネルもすでにきれいに貼られている。持ってきてよかった。

 

舞台技術創造講習会は今年も。本当に楽しそう。

 

明日はここに人がどどっと並ぶ。

 

入場・整列のシミュレーションに余念がない。

 

さあ、どうあっても、あと1日で「幕が上がる」。

そして宮城に来ました。

2017年7月30日 / 未分類

昨日夕方から宮城・仙台に来ております。駅に降り立つ。

 

「涼しい!」

 

東京の曇っているけどまとわりつくような、あの湿度90%の熱気から、新幹線で冷え切ったとは言え、また都会の熱を覚悟していたが、涼しいのである。

 

天気予報やっていたら、仙台地方の気温、見てみてくださいね。最高気温25度。う~ん、まあいいです。これは。

 

仙台に来られる方、長袖一枚あると重宝しますよ。

広島から岐阜へ、そして宮城へ⑤

2017年7月29日 / 未分類

【上演校打合せ会】4月8日9日宮城大会の会場となる「仙台銀行ホール イズミティ21」で上演校打合せ会。全12校が満を持して全国から集まる。ところが初日午前中に館内停電という突発事故。なぜこの日に?!しかし宮城実行委員会、慌てず動ぜず、冷静に対処。緊急上演校顧問会議を開いて今後の対応を協議。上演順を決める全体会については別会場を手配。そこで予定通り生徒実行委員のパフォーマンスが行われ、上演順が決定した。電気は翌日復旧したが、この事故が宮城実行委員会の対応力と結束力をさらに増すことになったであろう。広島から、そして来年開催の長野から実行委員の先生方に来てもらい、3県引継会を開いた。

 

「館内停電」の張り紙で迎えられた。

 

  

外に面しているので、ロビーは明るいが・・・

 

会議は暗い中で進行。

 

緊急上演校顧問会議で、対策を練る。

 

予備灯が舞台を照らす。美しい。

 

      

別会場での全体会。ばっちりだった。

 

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アクセスカウンター

  • 235319総訪問者数:
  • 164本日の訪問者数:
  • 2015年1月11日スタート:

TOPへ戻る